ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

スケッチャーズ第3のインソール!『Arch Fit"アーチフィット"』

f:id:reborn-change:20201009112241j:plain

スケッチャーズはアメリカ発のシューズブランドです。

 

記念すべきおすすめ第10弾はこちら!

 

f:id:reborn-change:20201007192043j:plain

第3のインソールを搭載!

『Arch Fit〜アーチフィット〜』

このスニーカー、ただのスニーカーではないんです。

 

 

こちらの商品の品番は「232042」です。

価格は¥9,500+税。

本編の前にこちらもどうぞ!

 

 

www.tomofumiblog.info

 

低反発?高反発?第3のインソール、現る!

ついに見つけてしまいました。

低反発でもなく、高反発でもない、まさかの第3の刺客。

アーチフィットと呼ばれるシリーズ。

 

今まで何度も説明してきた通り、スケッチャーズのインソールは大きく分けて2種類あります。

それが低反発インソールである「AIR COOLED MEMORY FORM」と高反発インソール「AIR COOLED GOGA MAT」です。

これまでに紹介してきたスニーカーは全てどちらかのインソールを採用していました。

 

しかし今回紹介するのは「アーチフィット」と呼ばれる新しいインソールを採用したシリーズ。

低反発でもなく高反発でもないスケッチャーズの新しいインソールです。

 

アーチフィットの魅力に迫る

では従来のインソールと何が違うのか見ていきましょう!

 

まず驚いたのがコチラ!

f:id:reborn-change:20201007194425j:plain

インソールが取れる!!

 

「何やそれ!」と思うかもしれませんが、今までのスケッチャーズのスニーカーは全てインソールを取り外すことが出来ませんでした。

(もちろん無理やり剥がせば取れますが)

 

しかしこのアーチフィットはカップインソールになっていて取り外しが可能!

つまりインソールだけ洗うことも出来るので、靴の中を今まで以上に清潔に保つことが出来ます!

 

これって案外嬉しかったりしますよね!

 

続いてはこちら。

f:id:reborn-change:20201007194812j:plain

見るからに違う!

少しわかりにくいですが、足の土踏まずの部分が少し盛り上がっているのがわかります。

こちらが本題の「アーチフィット」です。

「アーチフィット」というのはその名の通り、足の裏のアーチにフィットするインソールのこと。

 

とりわけ足には縦と横にアーチがありますが、これは縦のアーチに特化した形になっています。

従来のインソールはほとんが凹凸のないフラットな形でしたが、このインソールは凹凸があります。

 

踵部分は厚めでクッション性がよく、つま先に向けて少し薄くなっています。

そして土踏まずの部分はアーチを作ることにより、衝撃を緩和してくれます。

 

靴のクッションの理想は、踵は柔らかくつま先は硬いのが良いと一般的に言われていますが、まさにその形を実現しています。

 

土踏まずにサポートがあると何がいいの?

また土踏まずにサポートがあると何が良いのか。

人間の足は縦と横にアーチがあります。

 

これがクッションとなり体重の衝撃を分散させ疲れにくくなっています。

このアーチがない人を扁平足と言います。

(全てがそうではありません)

 

しかし長時間の歩行や立ち仕事をしていると、どうしてもアーチが体重に負けて崩れてきます。

そのアーチが崩れた分、衝撃を吸収できなくなり、その吸収できなくなった衝撃を今度はふくらはぎなどで補おうと筋肉が動きます。

そのような人体の動きが下半身の疲労へと繋がっています。

 

このアーチフィットは、簡単に説明すると

「アーチが体重に負けそうな時に下から支えてくれるよ!!」

ということなんです。

つまりアーチが崩れて足の別部分に負担がかかるのを緩和してくれるのです。

 

決して疲れないというわけではないですが、「余計な疲労を防ぐ」といったイメージ。

 

長時間の歩行や立ち仕事などでジワジワと実力を発揮するのです!

 

実際にこのインソールは足の専門医が開発したそうです。

過去20年分のデータと12万人の足のデータから専門医が開発したインソール。

 

f:id:reborn-change:20201009104331j:plain

f:id:reborn-change:20201009104451j:plain

足が疲れやすい、扁平足だ、という方はぜひ一度試していただきたい。

 

シンプルで使いやすいデザイン

 

f:id:reborn-change:20201008193726j:plain

f:id:reborn-change:20201008193805j:plain

 

形は非常にシンプルでオーソドックスなスニーカースタイル。

アウトソールはやや厚めでクッション性も良い。

なにより少し踵のクッションが厚くインヒールっぽい履き心地になっています。

 

少しだけ身長が盛れます。

 

アッパーのデザインもシンプルで通気性の良いメッシュ素材を使っているので快適性もあります。

サイドのロゴがやや大きい気もしますが、そこまで気にするほどのものでもないでしょう。

 

ただメッシュ生地で通気性は良いものの、ややスニーカー感が強くなりがちです。

そんな方にはもう少しドレスライクなスリッポンタイプもありましたので、そちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

そもそもアーチフィットって名前、おかしくない? 

ふと思ったのですが、今まで紹介してきたスニーカーたち。

D’LitesやMAX CUSHIONINGなど色々紹介してきました。

 

ここで私は違和感を覚えました。

 

もし時間があればこちらの記事を先に読んでみてください。

 

www.tomofumiblog.info

 

そうです。

D’LitesやMAX CUSHIONING、GO WALK5など全てアウトソールの名前でした。

しかしこのアーチフィットという名前はインソールの名前です。

 

これはつまり、カテゴリーで言うとどっちなの?と思ったわけです。

ライフスタイルとパフォーマンスの2カテゴリーがスケッチャーズにはあるのですが、それらはインソールで区別されています。

その2カテゴリーをさらにアウトソールごとに分けています。

 

私はショップのスタッフに聞いてみました。

 

「このアーチフィットはライフスタイル?パフォーマンス?」

「どっちも出てます。」

 

ややこしい!

 

ちなみに私が購入したのはこちら。

f:id:reborn-change:20201009105351j:plain

「ARCH FIT-CHARGE BACK-」

 

チャージバック?ライブハウスですか?

 

疲れやすい人に、この一足

いかがでしたでしょうか。

履き心地、歩き心地に定評があるスケッチャーズが満を持して世に放った「アーチフィット」シリーズ。

 

低反発でも高反発でもない第3の刺客として、これからどんどん増えていきそうです。

 

長時間の歩行をする方、立ち仕事で疲れやすい方、とにかく履き心地が良い靴を探している方、そんな方々には是非一度履いていただきたい逸品です!