ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

清木場俊介を語る 〜人間じゃろうが!〜

f:id:reborn-change:20200916204426j:plain

私が尊敬して止まない唄い屋・清木場俊介

 

そんな漢の中の漢、清木場俊介の曲について語ります。

 

第3回は『人間じゃろうが!』

 

同じ人間だ!

 

 

 

清木場俊介 『人間じゃろうが!』とは?

「人間じゃろうが!」

このタイトルのシングルが発売されたのは、今から14年前の2006年。

 

「人間じゃろうが!/さよならの唄・・・。」の両A面シングルとして、EXILEを脱退した日、2006年3月29日にリリースされました。

 

私は当時15歳になる年、たぶん初めて強烈に買いたいと思ったCDでした。

多感な時期にこの曲に出会い、私の人生の柱となりました。

 

インパクトのタイトルからは想像がつかないほど、深く強く、そしてシンプルな一曲です。

たぶん誰もが「人間じゃろうが!って(笑)」みたいな感じだったと思いますし、ましてやEXILE脱退が報道されてこのタイトルですからね。

 

しかしリリース後は何度も何度もライブで唄い、仲間と共に育ってきた私にとっても大事な曲です。

リリースから10年以上経った今でも普通にライブで唄いますし、聴きたいという人も多いのではないでしょうか。

 

同じコードを繰り返すシンプルな構成ですが、それ故に小手先ではなく魂で唄う姿に心を打たれるわけです。

発売から10年以上が経ちますが、全く古さは感じさせません。

もちろん新しいとも思いません。

ロックは流行り廃りではないので、ただ同じ曲を唄い続ける。

そうして曲が育ち、私たちが受け止める印象も少しずつ変わってきます。

 

人間とは?生きるとは?

全ての人に聞いてほしい、魂の一曲。

ライブで仲間と全員で泣きながら唄う、またそんな景色を見たいと願うばかりです。

 

歌詞を見る

歌詞はこちらから。

↓↓↓

清木場俊介 人間じゃろうが!

 

TVを見ていようが…

空から飛びおりようが…

30億持っていようが…

スーパーカーに乗っていようが…

今日を生きる金しかなかろうが…

明日が恐くて震えていようが…

女だろうが…男だろうが…

どちらでもなく、その間であろうが…

同じ、同じ人間だ。

同じ、同じ、同じ人間だ。

 

同じ、人間だ。

SNSが発達した現代、画面の向こうに人がいるということを忘れがちになります。

だから人は簡単に誹謗中傷したり、罵詈雑言をSNSに上げられるのです。

 

相手はSNSではありません。

SNSを見ている人間です。

 

それが芸能人だろうが変わり者だろうが大金持ちだろうが、同じ人間なんです。

 

それをこのご時世、今一度考えるべきではないでしょうか。

 

芸能人の自殺が後を絶ちません。

木村花さん、三浦春馬さん、芦名星さん。

それぞれSNSをやり、それぞれが心無い言葉を浴びせられたのではないでしょうか。

 

同じ人間。

だからこそ、少しの思いやりが少しだけでも良い結果に繋がると私は思います。

 

オススメのライブ映像

勝手に私がオススメするライブ映像。

 

『人間じゃろうが!』のオススメライブ映像は、

 

『FLYING JET TOUR2009-2010 TOUR FINAL』

 

f:id:reborn-change:20200916202813j:plain

 

「人間じゃろうが!」のオススメというより、個人的ベストライブがこのツアー。

日本武道館で行われたライブですが、とにかく演出がド派手!

そしてセットリストも素晴らしい!

 

何より清木場自身のパフォーマンスがハンパない!!!

 

確かこのあたりでタバコを止めたはずなので、そこからのぶち上がりようときたら、本当にたまげたものです。

 

ぜひ一度見ていただきたい!

 

そしてその「人間じゃろうが!」ですがアンコールに収録されています。

バンドメンバーとは別にストリングスチームもいますので、さらに豪華な演奏に。

 

巨大な書を背に唄い上げる姿は圧巻です。

 

まさに魂を削り唄いあげています。

 

そしてこの曲のあとの「生きる証」という曲がまた凄いのですが、それはまた別の機会に。

 

あなたの5分を私にください。

ということで、清木場俊介の「人間じゃろうが!」について語りました。

 

今回も曲が長いので、7分半ぐらいになりますが。。。

 

YEAH!!!

とまたいつか皆んなで叫びたい。

 

そう思いました。

 

ぜひ一度聴いてみてください!

心の中で何かが燃え上がる音がしますよ🔥🔥