ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

清木場俊介を語る 〜今。〜

f:id:reborn-change:20200907010522j:plain

私が尊敬して止まない唄い屋・清木場俊介

 

そんな漢の中の漢、清木場俊介の曲について語ります。

 

第1回は『今。』

 

この曲を語らずして、清木場俊介は語れない。

 

 

 

 

 

清木場俊介 『今。』とは?

 

この曲は、私が人生の中で最も聴いた曲です。

 

最初に発表されたのは2004年、まだ清木場がEXILEのメンバーだった頃です。

2004年はEXILEのメンバーそれぞれがソロ活動をしていました。

 

SHUNは清木場俊介として。

MAKIDAIとUSAはRATHER UNIQUEとして。

ATSUSHIはCOLORとして。

それぞれがソロ活動をし、EXILES名義でアルバムを出したりもしていました。

 

その時に発表されたのが『今。』です。

 

この『今。』は2004年当時、CDとして発売されておらず個展のグッズとして発売されました。

 

CDとして発売されたのは2008年4月23日。

 

2004年ver.と2008年ver.が収録されており、ボーカルも録り直しています。

また2008年ver.は楽器もサックスが入ったりと、重厚なサウンドにパワーアップし、より壮大なロックバラードとなっています。

 

ライブでは基本的にアンコールのラストに歌われることが多く、涙が出るけど笑顔になる不思議な楽曲です。

 

歌詞を見る

歌詞はこちらから。

↓↓↓

清木場俊介 今。

 

 

たった一度のあやまちなんかで

本当の自分を失わぬように

前を向いて歩こう!

前を向いて歩こう! 

 

この一節に何度救われたことか。

歌詞だけ見ると、「他のアーティストも言ってそう。」と思うことでしょう。

 

しかしこれを清木場俊介が唄うと、こんなにも胸に刺さるのかと思い知らされます。

 

これは本当にCDを聴いてほしい。

ライブDVDを観てほしい。

ライブに来てほしい。

 

魂で唄う、という意味が心に突き刺さります。

 

落ち込んでいる時、悩んでいる時、疲れている時。

そんな時に聴くと、身体がスッと軽くなる。

そんな感覚です。

 

生きていれば、自分の行いを後悔することだってあります。

 

間違いだったのではないか、もっといい方法があったのではないか。

そう考えだすと、人はどんどん深みに嵌っていきます。

 

それがどれだけ間違っていても、人様に迷惑をかけたとしても、そんな自分すらも許そう。

自分を許せるのは自分しかいない。

ならば自分にもっと優しくなってもいいのではないか。

 

本当の自分は何か。

何をする為に生まれてきたのか。

自分が本当にしたいのは何か。

 

それさえ貫くことが出来れば、人生ってもっと豊かになると思います。

そしてそんな生き方の背中を押してくれるのが、清木場俊介の『今。』という楽曲なのです。

 

オススメのライブ映像

勝手に私がオススメするライブ映像。

 

『今。』のオススメライブ映像は、

 

『ROCK&SOUL2010-2011 TOUR FINAL』

 

f:id:reborn-change:20200907004622j:plain

 

2008年の「ROCK&SOUL」と悩みましたが、現地にいた補正でこちらに。

異論は認めます。

 

こちらのライブは2011年4月24日に行われました。

 

2011年3月11日、東日本大震災が発生し日本中が悲しみにくれました。

そんな中、震災後にロックアーティストとして最初にロックの聖地・日本武道館でライブをしたのが、唄い屋「清木場俊介」だったのです。

 

このライブの清木場は鬼気迫るものがあり、また仲間の一体感も凄まじいものでした。

 

オープニングの映像では、震災が起きたことへの悲しみや無力感、葛藤などが描かれています。

オープニング映像が終わり清木場が登場すると、歓声ではなく拍手が起きたのが非常に印象的です。

 

「俺だけのハイウェイ」で爆発したり、センターステージで弾き語りをしたり。

まさに武道館ならではのド派手なライブです。

 

そしてアンコールのラストで歌われた『今。』

唄う清木場も、それを聴く仲間も色々な想いが心を過ぎり、感動に包まれました。

 

映像では『今。』のラストのサビの「だから唄うよ」のところで、清木場にスポットが当たっている瞬間を、清木場の背後から撮影しているシーンが好きなんです。

 

マニアックですみません。

 

そして最後の「前を向いて歩こう!」のフレーズを、「前を向いて生きよう!」とアレンジしました。

そのアレンジが決まっていたのか、咄嗟に出てきたのかはわかりません。

 

しかしその言葉に救われた人は少なくないのではないでしょうか。

 

そして10年の時を経て、2021年に清木場俊介は再び聖地・日本武道館のステージに戻ってきます。

コロナ禍で開催そのものも危ぶまれていますが、私たちはただ信じるのみです。

 

あなたの5分を私にください。

ということで、清木場俊介の「今。」について語りました。

 

ぜひあなたの5分を私にください。

 

騙されたと思って聴いてください。

 

人生が変わるとは言いません。

 

ただ一瞬でも「前を向いて歩こう!」と思ってもらえれば幸いです。