ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

【絶対に損はさせない!?】ネットワークビジネスに勧誘された話。〜その友人、信じられますか?〜

f:id:reborn-change:20200821170635j:plain

これは私が友人だと思っていた人から、ネットワークビジネスに勧誘された時の話です。

ちなみに私が勧誘されたのは、アリックスです。

 

暇な人だけ読んでください。

 

 

紹介したい人がいるんだけど。

これがネットワークビジネスに勧誘してくる人の常套句です。

 

この話を持ち込んできたのは、私が日ナレの時に仲良くしていた人でした。

同じ年で共に声優を目指して切磋琢磨してきた人です。(以下メガネ)

 

彼は日ナレの基礎科2年目だったのですが、2回目の進級審査にも落ちてしまい、残念ながら退所してしまいました。

 

私が日ナレを退所してしばらく経ったころ、彼から1通のLINEがきました。

 

「紹介したい人がいるんだけど。」

 

そんな彼に呼び出されて、私はサイゼリアへ向かいました。

 

店内に入ると、今はなき喫煙スペースにTシャツ姿の20代後半ぐらいの男性(以下Tシャツ)が座っていました。

 

とりあえず、ドリンクバー

テーブルについた私に、Tシャツが「ドリンクバーをご馳走します」と格好よく注文してくれました。

 

私を誘ってきたメガネは、スッとTシャツの横に座ります。

私はTシャツの対面に座りました。

 

お互いに軽く自己紹介。

 

そしてTシャツがフランクに

「最近どうですか?」

 

とか、

 

「悩みありませんか?」

 

とか聞いてきます。

 

初対面の人とそんな当たり障りのない話をしていると、その時は突如訪れます。

 

「この中であなたが欲しいものはなんですか?

・健康

・お金

・人脈

この中から選んでください。」

 

私はお金と答えました。

 

するとTシャツは、

 

「今から紹介するビジネスを始めれば、これら全てが手に入ります!」

 

と満面の笑みで答えました。

 

私は驚きました。

これら全てを手に入れた男なのか!?

 

ならミラノ風ドリアも奢ってくれ。

あとTシャツも新しいの買え。

 

気持ち悪い相槌 

さて問題はここからです。

 

急激に話の方向が変わります。

これを人は「青汁現象」とでも呼ぶのでしょうか。

 

ゾウさんがどうだのキリンさんがどうだの、シャンプーがどうだのリンスがどうだの。

 

何人紹介すれば!

このプランにすれば!

初めは僕が手伝います!

絶対に損はさせません!

 

長々とTシャツが説明してくれました。

このTシャツは頑張っています。

 

しかし隣のメガネの相槌が気になります。

 

「ふ〜ん。」

 

「へぇ〜。」

 

「すごい!」

 

「すごいなぁ〜」

 

「そんなことまで!?」

 

いやいや・・・

 

「何で初めて聞いたみたいなリアクションやねん!」

 

何やその下っ端相槌は!

そんなことを日ナレで学んだんか!

嘘クセェ!

 

すいません、言葉が乱れました。

 

そうこれがメガネがいる理由、感動的な部分で相槌を打ち、相手の心を撃て!

 

とでも言われているのでしょうか。

 

このメガネのせいで台無しですよ、本当。

 

クロージング!?謎の登録用紙

何だか一通り話尽くして満足気なTシャツと羨望の眼差しでTシャツを見るメガネ。

 

私はコーヒーを飲みながら尿意を我慢していました。

 

するとTシャツがおもむろに1枚の紙を取り出し、

 

T「どうですか?やりたくなってきたでしょ?絶対に損はさせませんよ。」

 

私「いや、いいです。」

 

T「今日決断しなくてもいい。その代わりこれに必要事項を書いてください。」

 

私「いや、いいです。ありがとうございました。」

 

T「わかりました。じゃあラインのグループに入ってください。あと3人で写真を撮ってもいいですか?」

 

私はしぶしぶラインのグループに参加し、写真を3人で撮りました。

 

ですが皆さん、本当にやろうと思わない限り、変な紙に個人情報を書いたりしてはいけません!

 

断るときはきっぱり断りましょう!

 

解散、そしてさようなら

ようやく解散になり、私はメガネと最寄りの駅へ向かいます。

 

メ「どうやった?すごくなかった?」

 

私「そうやなぁ〜」

 

メ「また気になったら連絡してな!」

 

私「了解!おつかれ!」

 

 

これがメガネとの最後の会話です。

その後メガネとTシャツがどうなったかはわかりません。

 

もちろんメガネ諸共、ラインは全てブロックです。

 

その後、日ナレの仲間たちから聞いたのですが、他にも被害者が出ていたそうです。

幸い登録した人はいなかったようですが。

 

ネットワークビジネスは悪なのか?

 

ネットワークビジネスの全てが悪かと問われると、そうではないのかもしれません。

だがしかし、メガネは実際に多くの友人を失っています。

元々失ってもいい友人にしか声をかけていないのかもしれませんが。

 

メガネが去り際に声をかけるリストを見せてくれました。

そこには夥しい数の名前と連絡先がリストアップされていました。

 

もしかしたらメガネはネットワークビジネスで成功しているかもしれません。

ですがおそらく彼は、お金とメガネ以外全てを失っていることでしょう。