ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

【おすすめ】日ナレ生が唯一買うべきモノ

f:id:reborn-change:20200525233729j:plain

声優になる為に絶対に買っておくべきものがある。

 

それすらも買わない人は明らかに覚悟が足りていない。

 

声優になりたいのなら、出し渋ることなかれ。

 

前回はこちら!

 

www.tomofumiblog.info

 

覚悟を持ってレッスンを受けるべき

少しずつ時が経つにつれて、皆んな仲良くなり新鮮さも緊張感も失われて、悪く言えば馴れ合いが始まります。

仲が良くなることは決して悪いことではないと思います。

 

私も実際、友達も何人かできて飲みに行ったりもよくしてました。

そして大して知りもしないのに芝居論を語ったりするのです。

 

よく売れない役者の傷の舐め合いみたなのをネタにする芸人やタレントがいますが、まさかそれを自分がやるとは思ってもいませんでした。

そしてネタにする理由も今ならわかるような気がします。

 

お恥ずかしい。。。

 

だからこそ、気を引き締めるべきだったと今なら思います。

 

入所したての頃は、声優になるんだと誰もが思っていたはずです。

そしてそれなりに覚悟を持って門を叩きました。

しかしそれが徐々に薄れていくのです。

 

よく言われる「手段」と「目的」がわからなくなっていくのです。

目的は「声優になること」、その手段が「日ナレに入ること」のはずです。

 

日ナレといえば、アーツビジョンやアイムエンタープライズの傘下であり、事務所に所属する為の近道です。

 

その為に高いお金を払って日ナレに通う決意をしたはずです。

 

しかしそれがいつしか、日ナレのレッスンを受けることが目的に変わってきます。

「先週休んだけど、今週は来られてよかった」みたいな人が増えていました。

 

そんなはずがないんです。そんなんで声優になれるわけがありません。

もちろん一部の意識の高い方は真面目に目的を忘れることもなく取り組んでいます。

 

 

そもそも「意識高い」という言葉が、ある種の揶揄を含んだ言葉になったのはいつからでしょうか。

「あの人意識高い系だよね(笑)」みたいな風潮がここ数年顕著です。

 

意識高い=目的を見失っていない

 

と言い換えてみてはいかがでしょう。

 

「あの人目的見失ってないよね」

 

はい、いい感じです。

 

 

話が逸れました。

 

ですが覚えてこいと言われた台本も覚えられない、という人がどれだけ多いことか。

1週間のうちレッスンはたった3時間です。

 

だからこそ他の時間をどう使うかが本当に大事なんです。

 

セリフの覚えが悪いという方もいるかもしれません。

そう思うのなら覚え方を変えてみてください。

 

違う暗記の方法をそのスマホで調べてください。

スマホはアニメを見るためのツールではありません。

 

勉強という名目でアニメを見るのはやめましょう。

 

特に男性の方で美少女アニメを見ている方、娯楽としては素晴らしいですが声優の勉強にはたぶんなりません。

どうせ見るなら渋い親父ばっかり出ているアニメを見ましょう。

 

少し思い出す7

緩みに緩んだ私たちも、気が引き締まる瞬間が訪れます。

それが7月、なぜなら7月生が入ってくるからです。

 

日ナレは4月入所とは別に、7月入所という制度があります。

 

7月に入所した人は、4月生の既存クラスに振り分けられるそうです。

そして私のクラスにも3人ほど7月生が加わりました。

 

7月生たちには負けたくない、4月生の間で自然とそういう雰囲気になり、入所したてのころの活気が戻ります。

 

そして徐々に本格的なレッスンが始まってきます。

ちょっと長めの台本を、3つのグループぐらいに分けて演じていきます。

その話がまた次回!

 

日ナレ生が唯一買わなければいけない物

役者には小道具や衣装など自分で用意しなければいけないものが、少なからずあります。

ですが日ナレに通うのに必要なものは、たった一つです。

 

それがアクセント辞典です。

 

アクセント辞典は絶対に買ったほうがいいです。

特に私のように地方出身で訛りがある方は買うべきです。

 

標準語のイントネーションぐらいわかるわ!

と思っている方もいるかもしれませんが、実際には非常に難しいです。

 

特に台本を覚える時は、一語一語確認したほうがいいです。

 

自分では標準語のイントネーションだと思っていても、案外違っていたりします。

持っていない方は、少し高いですが購入することをオススメします。

 

高いといってもせいぜい5,000円程度なので買うべきです。

 

古本でもいいですが、できるだけ最新版を買いましょう。

結構日本語って変遷してるんです。

 

頻繁に国語辞典が発行されているのと同様、アクセント辞典も更新されています。

 

私は三省堂のアクセント辞典を愛用していました。

 

 

講師の方はNHKのアクセント辞典もオススメと言っていました。

 

なのでたぶんどちらかを購入すれば間違いないでしょう。

 

ですがこれすらも買わない輩がいます。

買わないのか買えないのか知りませんが、1回飲み会を断れば買えるのに買わないんですよね、これが。

 

確かにスマホで調べれば出てきますが、何か違うような気がします。

効率的と言えば効率的ですが。。。

 

 

続く!