ともふみ備忘録

元日ナレ生が演技理論とスケッチャーズを語る。

【実録】日ナレで声優になれるのか!?基礎科に入所!

f:id:reborn-change:20200513232125j:plain

 

皆さんは「日本ナレーション演技研究所」という学校をご存知でしょうか。

私は1年間、日ナレの週一コースの基礎科に通っていました。

 

日ナレで体験したことを、忖度なしに記します。

これから入所を考えている人は、大いに参考になると思います。

 

 

 

 

不純すぎる志望動機

 

皆さんは「日本ナレーション演技研究所」という学校をご存知でしょうか。

 

声優を志す人々なら一度は聞いたことがあると思います。

 

 

私は1年間、日ナレの週一コースの基礎科に通っていました。

私が声優になろうと思ったきっかけは、とても不純です。

 

 

声優の仕事がしたいとか、私でも出来そうとか、ビジュアルは関係ないとか色々言う方がいますが、私はズバリ

 

「声優なら歌が下手でも武道館に立てると思ったから

 

です。

 

要するに日本武道館でライブがしたいが為に声優になろうとしたわけです。

アニソン歌手として大きな舞台に立ちたかった。

だけど歌で飯が食えるほどの圧倒的技術も才能もルックスもない。

 

(だったら声優になるのが近道なんじゃないか・・・?)

 

と考えたわけです。

 

 

というのも当時、今もやってますがアニソンの祭典【アニメロサマーライブ】通称アニサマを見ていまして、正直「アニメが当たればこのレベルでもこのステージに立てるんだ。」と思ったわけです。

 

今の僕が当時の僕に一言言えるなら、何も言わずにぶん殴ってやりたい。。。

 

でも意外とこういう人って多いんじゃないでしょうか?

私の思う声優志望の動機、5位以内には入っていると思います。

 

ちなみに私の思う声優志望の動機ランキングベスト5はこちらです。

 

5位 ライブがしたいけど歌手としてはやっていけない

4位 ガンダムに乗りたい

3位 ルックスで勝負できない

2位 憧れの人に会いたい

1位 何となく自分でも出来そう

 

今でこそ声優が普通にテレビに出ていますし、ドラマにも出ています。

あの宮野真守さんが半沢直樹に出演していても、正直そこまで驚きはありません。

 

アニソン歌手のLisaさんも普通に音楽番組に出ています。

ここ5年ぐらいで一気に一般的になりましたが、それより前はまだ少し偏見を持たれている業界だったように思います。

 

人それぞれ思うことはあるでしょうし、入所の動機も色々あることでしょう。 

ということで一念発起、日ナレに入所を決意しました。

 

この時なんと、23歳!

 

新卒で誰もが一度は耳にしたことがあるかもしれない、某スポーツメーカーに入社しました。

 

だけども1年を経たずに退職をしてしまいます。

 

理由はここでは触れませんが、要するに時間を持て余していたので入所に踏み切れました。

 

 

今考えれば無謀なんですけれども、後悔したくないという想いが強かったので資料を請求し、願書を提出するわけです。

 

だから例えば今、大学生で就職するか声優を目指すか悩んでいる方がいるかもしれません。

 

はっきり言えば、大学卒業してからでも遅くはないですし、早いとも言えません。

 

ただこれだけは言えます。

 

人生を変えることはできる!

 

もちろん日ナレに入所したからと言って、全ての人が人生を変えられるわけではありません。

ですが日ナレに入所するって結構なエネルギーが要ります。

 

それだけで良くも悪くも少しは変わります。

 

社会人で働きながら通っている人もいました。

この方は本当に尊敬に値しますし、私もいつまでも挑戦し続ける人生を歩みたいものです。

 

 

日ナレの入所オーディションへ!! 

そしていざオーディションという名の面接へ!

 

 

私はこれから入所を目指そうという方に言いたい。

 

安心してください!誰でも受かります!

 

理由は単純、落とす理由がないからです。

向こうもビジネスですから。

 

簡単な筆記試験と質疑応答、30秒ほどのPRタイム。

 

もちろん私も演技は全くの素人です。

 

アニメもめちゃくちゃ知ってるわけでもありません。

 

そしてアニメは好きですが、声優さんに詳しいわけでもありませんでした。

体験レッスンにも行っていません。

 

強いて言うなら、学生時代に少しバンドをやっていただけです。

 

事前に外郎売だけは覚えていました。

覚えているだけです。

 

何も出来なくてもいいんです。

普通に喋れば、私は普通に受かりました。

 

 

でも調べてみると入所面接で落ちている方もいるようです。

それはもう諦めたほうがいいです。

 

それは声優になれるなれないではなく、日ナレに合っていないだけです。

他にも養成所は山ほどあるので、他を受けてください。

日ナレに拘る理由もないでしょう。

 

そんなこんなで、日本ナレーション演技研究所の基礎科に合格しました。

4月生です。

 

入所金10万円、授業料20万円也。

これが高いか安いか、それは人それぞれ。

 

ちなみに私はこの30万円で良いことも悪いことも学びました。

決して高かったとは思わないです。 

 

結果としてここから私の役者としての人生が始まったわけです!

そして5年後、無事に大舞台に立つことが出来ました。

 

大舞台といっても私は武道館に立つつもりで入所してますが・・・

 

 

レッスン開始!

そうして初レッスンの日を迎えます。

どんな人がいるのか期待と不安を胸に抱きながら・・・。

 

もしかしたら若い人ばっかりなんじゃ・・・とか、仲良くなれるかな・・・とか。

 

講師はどんな方なんだろう・・・とか、23歳にもなってこんなにもソワソワすることになるとは思ってもいませんでした。

 

しかしいざ顔を合わせて自己紹介をすると、意外と年齢も性別もバラバラでした。

私のクラスは20人程度、男女比は半々ぐらいでしょうか。

 

そして何と基礎科2年目の人が45人いるクラスでした。

そして23歳という年齢も確かに上のほうではありますが、思いの外、同年代は多かったです。

中には30歳の方も、しかも基礎科2年目。

 

ロックじゃねぇか・・・

 

 

だからこれから目指したいという方、年齢は関係ありません!今すぐ資料請求だ!

nichinare.com

私には一銭も入りません。

 

こうして私の日ナレ生としての第一歩が始まりました。

 

続く!