ともふみ備忘録

演技の感覚的な部分を論理的に説明してみました。

キャパ500人のホールで芝居をした話① オーディション

私のキャリアで最大の舞台、京都にある市民ホールでの商業舞台に出演した話です。 私は全く芝居の経験がない状態で、日本ナレーション演技研究所に入所しました。 私が23歳の時のことです。

舞台のチケットを売る為に私がやったこと5選!

舞台に出演するうえで必ず立ちふさがるのが、「チケットノルマ」という闇です。 私がチケットを売る為にやったことをご紹介します。 あなたが1枚でも多くチケットを捌けるように、純粋にお芝居を楽しめるように。

演技初心者だった私が台本を読む時に気をつけたこと。

『なぜそのセリフを言うのか』 これを考えるのが、台本を読む上で最も重要です。 それを怠ると芝居の上達も遠のきます。

芸の基本的思考『守破離』を今一度考える。

武道や芸事を習う時には、先生や講師、師匠から学ぶことが多いと思います。 私も日ナレの先生をはじめ、劇団の主催であり殺陣の師匠、演出家など様々な人から師事を仰いできました。 そこで私のような師事される側の心構えとして大事なのが『守破離』の精神…

勘違いしやすい役作りを論理的に考える。

皆さんも一度は聞いたことがある、「役作り」という言葉。 今回は「役作り」について解説していきます。

【誰でも出来る】論理的に考える感情表現

演技をする上で避けて通れないのが「感情表現」です。 人は簡単に感情表現と言いますが、それがどのようなものか理解していない方も多いのではないでしょうか。 初心者が陥る罠として「感情の出し方がわからない」という意見をよく聞きます。 先に結論から述…

演技上達への近道!無意識の意識化と無意識化とは?

無意識の意識化と無意識化とは? 演技の初心者の為に、「演じる」ということをロジカルに説明していきたいと思います。 これを知ることにより、脱初心者への第一歩を踏み出すことができます。

日ナレの進級審査の結果を報告する!

人生に無駄なことなんて何もない。 人生に失敗があるとしたら、その道を諦めた時にだけ知ることが出来る。 続けることが失敗すらも成功の一部にすることが出来る唯一の方法なのです。

【地獄】発表会で撃沈!?

考えて、考えて、考えて。 それでも人と同じならば、それは考え方が間違っている。 それに最も早く気づけた人が、その集団から抜け出すことが出来る。

【衝撃】日ナレ講師の本気!

何も知らない人に何を教わるのか。 私たちは師匠からどのように吸収するのか。 本物になりたければ、本物を知らなければならない。